FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

ユニクロでズボンとかを買ったという夫

感動パンツだったか

この前も息子に買ってたっけ

つか息子と同じでいいのか
いい年のおじさんが

で、シャツも買ったというから
ほら、ダーバンで買った白の半そで、
あれはどこ?
あれを着ればいいじゃない

と何年も前、半そでシャツに一万円近くしたものを買ったことを思い出して
声をかけたが、無いという。

捨てたかも


捨てた??

もしかして凄く時間が経ってしまったのかもしれない。
ボロボロになってたとか?
それで処分したのに、今になって私がそれを探せと言ったとか
(注:クリーニングの管理は自分でしているから)

と思ったけど、いや、傷むほど着てないだろう
枚数があるから、そんなにへたってない


やっぱりないという。


そうか、もう安物で行きなさい

いいよ、着たいものを着ればいいよ


だけど、高いものはカッコいいのよね
襟の立ち方というか、同じボタンダウンでも違うのだ。


というか、もう買えない身分になっちゃったか

年収がピークの時でも、男の戦闘着のスーツとか買ったら、堪えたもの

なぜかうちだけ?


しかし今日はウォーキングの帰りにスーパーにいつものように
行ってくれたのだけど
帰宅して言うに

気分が全然違う
プータローの時のスーパー徘徊の時と比べて
ダントツに気分が明るい
のだそうだ。

やっぱり無職ってのは惨めだったのだろうか

まだリタイアするには若い年だったから、とは思うけど

本物のリタイアまで(さあ、いつになるか)、
職を得た喜びのまま、突っ走ってくれたらいいけど



関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する