FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

能天気に出かけた息子

夫は再就職してからは、移動が多くて大変だそうだ。
今までは、出張の時以外は、一旦出社したら、外に出ることなどなかったわけだから

娘は判で押したように、欠勤もなく出勤している。

私は出来る限り家事をしてから出かけるようにしているが
追われるようではある。
専業主婦時代の優雅な食事作りを再びしたいくらいだ。

今回など、鉄人と一日替わったおかげで
ヘドロ掃除が二回とも当たってしまった。
何か月経っても慣れない。

しかし鉄人など
20年もやっているのだ。
泣き言も言わず、黙々と
そこはひたすら尊敬する。

仕事に行くまでに通った道で、道路工事をしていた。
酷暑ともいえる中、十数人の男の人たちが、黙々と働いていた。


とにかくどんな仕事であれ尊敬するし、立派だと思う。

なのに、今日はお昼は要らないと言って
夫からもらった2000円を持って、○○(悪友)のとこに行ってくると
サンダル履きで出て行った。

それで私鉄に乗るのか

平日の真昼間に、軽装で、お気楽な顔をして
掃除もせず



最近、息子が上り調子だったから、油断していたのだろう、自分も


この前、本来の息子に戻って裏切られてからは
力が抜けてしまって、もう期待などしてはいけないと心が叫んでる。
この年で息子の修復不可能な 何か を見つけてからは
どうあがいても無理だ、と気弱になっている。

その 何か というのが
人間の良心であったり、常識であったり、普通の人間が持ちうるものなんだろうけど
それが、無い。

育てるものじゃなくて、もともと無いのだろう



関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する