FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

二割どころじゃないよね

この狭い国土で
世界に起こる地震の二割を受け持ってるって
以前も書いたけど、もっと多いのじゃないかと思って来た。

地震だけじゃない、水害も、飢饉も、戦争もあったしね
原爆も二つも落とされた国なんて、日本だけ

どなたの御代だったか、大地震が続くひどい年間があったですよね

とにかく、ずーーーっと苦しめられてるわけだ、天災に。

そんな暮らしでも、世界最古の小説は生まれるし、
その後鎖国したせいで、オタク文化は花開くし
でも、それがまた天災で壊されて、を繰り返した来たんだと思う、
この国って

世界中のどの国よりも


ありんこのように頑張って来てるんだよね
頑張りたいわけじゃないのに、頑張るしかないんだよね

巣が水攻めに遭おうとも、また再建し
女王アリを守って、また自分たちの子孫を増やし
新しい天地で暮らしていく
何度壊されても作り直す

ありんこ、だなんて
語弊があったらすみません

いつ、どこにいるか
その場にいたってことだけで巻き込まれる

もう運命だと思うしかないんだけど
昔より、自分は危険にさらされている、いや、家族も知り合いも
皆が以前と違う心持ちになって来てるのだろうね。

この国に住んでいるだけで、そう思うしかないなんて
なんて悲しいことなんだろうね

でも、経験するたび国民全体が知識を増やしていくよね

あれがない、これがなくて困った。

これがあったら便利  

どんどん向上して行ってる。

自衛隊がすぐ来てくれるようになった。炊き出しも

停電しても使える自動販売機が

避難所の仕切りは

ボランティアが

充電器は


やはり最初の衝撃は
犬を連れたスイスが一番乗りだったことだ。
他国が

あそこが始まりかな

あの時、ほんとうに大変だったでしょう

その後もけた外れに大変なことが起きたけど

地面にSOSを書いた映像を見たのも、
あの時が最初だったっけ

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する