FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

ひねてても誰かに何かを残せるのはいいよ

もうほとぼりは冷めたからいいだろう

希林さんは本当に好かれたり嫌われたりが極端だったろう

またそれを良しとしてたきらいがある

変人だったもの

やりにくくて、さぞや周囲で困惑した人が多かっただろう

私は好きでも嫌いでもなかったけれど

ついメモしたくなるような言葉をたくさん持ってらして

評価が変わった女優さんだ。


取り立てて名言というわけじゃないけれど

メモしたワ


自分を客観的に見れなきゃ無理だよね
私が、私が、というタイプには無理
自分を面白がっていたんでしょうね

たったこれだけだけど

(片目を失明したことによって)また違ったものが見えてくる


マイナスなことも含めて自分の栄養


人間、やり残したことばかり


自分は子供にどんな言葉を残してやれるのだろうね


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する