FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

紋付き袴っていいわね

先生の威厳にも依るのだろうけど
日本の民族衣装で授賞式に出てくださって、誇りに思います。

変な言い方だけど、野武士みたいに眼光鋭く
体格の良い西洋人に中にいても、決して引けを取らず
ヘタするとハリウッド映画に出てもよろしい渋さ

古き良き時代の日本男児の成れの果て?のような
いや、こんな表現をしたら失礼だわ

ほんと、国民として誇りですわね

ここでこんな話をするのも変ですが
大昔の高校時代などに、『聞け、わだつみの声』などを読んでは
涙していたこともあって、
今みたいにヤバイ、とかのじゃなく、一人一人の文章がまあ素晴らしいの

また怒られるかもしれないけど、私は昔から
特攻隊の方々の出撃前夜とかの集合写真などを見ると
きりりとした超絶男前ばかりで、
ああいうのが美男だと認識したのね
あの耳当ての付いた帽子が似合うしねー

だから余計に悲しくてね
学徒動員とかもあったし、失われたものは莫大だよね

亡父は17歳で通信兵をやってたって言ってたか
優男だがぼやっとした顔をしてたような
父の父(後妻と家庭を持ったから縁が薄かったのだけど)つまり祖父は
大正天皇?昭和天皇?の近衛の騎兵にあがってたことがあるらしい。
家柄、品行、成績、そしてなにより
容姿端麗でなくてはならなかったらしく(孫の自分が書くのは、はばかられるが)
田舎では大層名誉なことであったらしい。
大人になってから、ちょくちょく聞いたわ、私のおじいさんもそうだったとか

先生の話から逸れた。

つまり先生のお顔を見ると思い出したってことは
久々に本物の日本男児の美男子を見たってこか

世にはびこってるニセ美男子じゃなく




不適切な内容がありましたことをお詫び申し上げます






関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今さらですが

先生の和装は素敵でしたね。
知性と元々のお顔立ちがプラスされて日本男児のあるべき姿だと感じました。
奥様の和装もとても素敵でした。
夫唱婦随の晴れ舞台でした。

亡くなった祖父も海軍でセピア色の写真があります。
母が生まれる前に亡くなったので写真でしか知りませんが、職業軍人でいつ死ぬかわからない覚悟があったのでしょう。
凛々しい写真ばかりです。
優秀な若い方が国の命令で命を散らして本当に痛恨の極みです。
戦争映画やその時代のお話しなどが好きです。

今でも自衛隊さんの姿を見ると素敵だなと思います。

自分や自分の子供にはあれほどの覚悟もなく先の戦争で亡くなられた方には本当に申し訳ないと恥ずかしいです。

どんぶりさん、お一人で抱え込み過ぎではありませんか。
ブログでは伺いしれない事情もおありでしょうけれど、お仕事が重すぎる気がしています。
息子さんの事でも人の何倍の心痛だと思うので、もう少し軽い仕事場に移れるといいですね。

鉄人さんは本当に凄い方ですが、常人はあれほど仕事出来ない事を会社の方が理解しているのでしょうか。
あれが普通じゃないとわかっていただけるといいですね。

文章が上手くないから伝わりませんが、どんぶりさんの事を心から尊敬しています。

うーすけ | URL | 2018-12-16(Sun)13:50 [編集]


面はゆいです


有難い言葉ばかりいただいて・・・・
こんなに俗物ですのに

さて、日本男児はかくあるべし
に賛同いただけて嬉しいです。
おじいさまも海軍ですか・・・・
まさか今や孫まで居るとは想像できないまま
散って行かれたということですか
でも命は脈々と継がれましたね
よかったですね。

皆招集されて、果敢に戦って、ジャングルで、海で、陸路で、空で
極寒の地で、赤道の下で、・・・

そうやって命をかけて日本の国体を守ってくれたのに
今は内部からも外部からも浸食され
あと少しのところで・・・・で助かったのは八百万の神のおかげか

戦争は嫌ですね。
今の願いは、歴史に残る長期政権になって欲しいことです。

政治の話はやめましょうね(笑)

仕事は、パーティーが無ければマシなのです。
夜までぶっ続け、が負担であるし、問題なのですね
そこさえクリア出来たら、感想もかなり違ってくるでしょうね。


おばさんはつらいです(笑)

どんぶり | URL | 2018-12-17(Mon)02:18 [編集]