FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

昨日は一人で対処した仕事

10名以内だし、その場でやるパーティーなので
自分一人がやった。
セッティングは慣れたもの メニューもパターンが読めてきた。
現金だったので、領収証を書いたし、お釣りの缶から出して
お金もきちんとした。
これくらいの人数だったら一人で出来るわ
今日はお行儀の良い人たち

さあ、全部洗ってお金のこともした。
夜9時までかかったけど、あとは下の厨房にゴミと生ごみをリフトで降ろし
冷蔵庫に生ごみの入ったビニール袋を置き、ビール瓶などはここに置き
売上金はここに・・・
などとやって、さあ上に上がろう、最後の仕上げをしなきゃ
と、開けてもらってたドアを外から閉めようと鍵を刺そうとするが、回らない
あれ、これはあっちの鍵 こっちはあそこの鍵
間違ってないよね、これだよね
と何度もやってもダメ
ドアの前で21時を過ぎた廊下でガチャガチャやり続けている女一人
どんどん時間が過ぎて行く

ええい、もうここは中の鍵を回して閉めて
外に出られるドアがもう一つあるから(鉄人とそこから出入りしていた場所)
あっちに行こう。

一つ一つ電気を消していく  どこにスイッチがあるかうろ覚え
間違えて今いるところが真っ暗になる、たった一人の広い厨房
ぎゃー

手探りでまた電気をつけ、防火扉を一つずつ閉めながらずりずり後退する
また一つ閉め、電気を消しながら最後に外へ出られた時にはほっとした。
そこは出たら自動で鍵が閉まるようになっている

ああ怖い

かなり時間のロスをしたものだ。

そうして今日、午後から行った時に、その時の様子を話すと
栄養士さんが、あそこは外からは閉められないんですよ
出るときは、○○さんが出れたあそこだけ。
だからカギが入るわけないんです


早く言ってくれ・・・・


誰もいない厨房を電気を消しながら行くのは本当に怖いから
早く立ち去りたかったんだから、まじ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する