FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

夫も頑張っているけれど

段々内情も見えて来てるようだ。

会社のオーナーは、苦労人で一代で築き上げた会社だから
やはりワンマンで、正月早々、マイク前でとんだ剣幕だったようで
今までいた会社のようなカジュアルさがないようなのだ。


それでも家にはニートがいるし、63から年金をもらったとしても
絶対に生活費としては足らないから、少しでも貯えを、と思っているのだろう。

が、今でも予算など有って無きようなもの
要るものは要るんだと使ってる妻(私ね)が居る限り
ずっと働き続けなければならないだろう

と言いつつ
もう働きすぎても年金を減らされるから(上限があるんだったっけ?)
働き損という時期がいずれ来るから
本当にじり貧人生になるんだと思うと恐怖だ。

ああ、しかし隣の芝生は青い

高校の同級生(高校同じクラス)の御主人が、某企業の社長にまでなったらしい。
黒塗りのハイヤーでも迎えに来るのかな
年収おいくらくらい?
あと一人も同じクラス 人形みたいな顔をしてて、私をいつも見下したような眼をしていた人だけど
これまたご主人が学者で、TVにたまに出るし、新聞にも寄稿してるのを見た。
本も出してるよね、年収おいくらくらいだろう
左うちわかしら
同じクラスだっただけだけど、随分差がついたわね



そして、夫に女のきょうだいがいる
ご主人は同じ年頃で、夫実家で会ったことがあるが
その頃は同じようにサラリーマンとして、入社数年目、みたいな
同じ立場だったのに
こちらはペーペー
あちらは今や重役らしい。 

長い年月をかけて、差がつくものだね

暮らしぶりを聞くのが怖い。敢えて聞かないようにしているし
夫も言わない。知ってても言わないのは、私を刺激すると、ヒスを起こすかも
しれないからだ。
年収おいくら?
うちの何倍だろう

そんなことを考えると、惨めになるわね

でもね、隣の芝生って青く見えるんじゃなくて
本当に青いんだもの

上を見たらきりがないんだけどね



うん身の丈で頑張ろう
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する