FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

もう限界なのかなぁ

祝日前、大きなパーティーがあった。
私はクロスをかけたり、コップを並べたり、取り皿に栓抜きにお箸に
ポットにお湯だの、氷だの
そういう準備と並行して、いつもの業務がある。

お昼が忙しければ、その余波が来る。
お昼の人が処理しきれなかったものが、午後の仕事に回る
その日はそんな日だったから、もう、ひぃいいいと言った様子で動き回っていた。

で、さあ、これからパーティーです、出来た料理を運びます、のころには
もう倒れそうだった、というありさま
そこに鉄人が17時半から現れてくれたのだけど、遅すぎるよ、
もっと早く入れてもらわねば、こちらの負担は大きい。

それも、昨夜、私は一人で20人のパーティーをやさられたのだ。
完璧なる後片付け、戸締りをして帰宅したら、もうよれよれだったのだから
その疲れがまだとれぬうちに今日を迎えたってわけ

最近はお昼も忙しくて、鉄人は午後の人だけど、お昼の仕事もできるので
来週は二回もヘルプを頼まれている。
私じゃ絶対に務まらないと古だぬきに言われたことがあるやつね。
鉄人なしではここは立ち行かないのに、辞めてもらおうとしてたなんて
何を考えているんだろう、上層部は

いや、そうだ、年齢だ。 70歳超えだものね

昨日のパーティーは70人だったか 若人が多く、男女は半々か
マイクを片手にプレゼントの番号を連呼したり
なんとも楽しそうな会なのが伝わって来る。
出すお料理もボリュームのあるものだった。
最後の方に聞こえてきたのは、この中で二組が結婚されました、おめでとうーー

そうか、若い男女の多い部署で、社内恋愛も多いのか
息子くらいの年齢の子がきちんと社会人をしていることに打ちのめされ
男女が半々いる企業でカップルが誕生することにうなだれ
人間として当たり前のことをしているのに、私にはとてつもなく羨ましく思えるのは
我が家の事情によるんだよね

さあ、後片付けのころには、もう気力だけだった。
お相撲さんの銀杯に近い大きさの皿やら、お料理を作ったあとの大鍋やら、揚げ物のバットやら
パーティーの片づけだけでなく、途中の洗い物も入って来るから、重労働だ。


最後の生ごみの処理やら、いつものように食洗機を分解するころ
鉄人に言った。

私は体力的にたぶんもたないと思います。

続く
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する