FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

決めた

午前、遠い大学病院の歯科の予約が入っていて
それに行って帰ってから仕事なので、慌ただしかった。
鉄人から着信あり

家からパート前に電話してみると
病院だと思ったわって
用事は新人さんに、換気扇掃除を教えておいて頂戴
この前したばかりだけど

はい、
で、どうでしたか新人さん

頑張るって言ってたわ

そりゃよかったです

あのね、パーティーが8つも来月決まってる

びええええ

これは早く逃げないと、潰されてしまうと感じた一瞬

しかし水曜日まで引継ぎかあ
と、少し長いなと思いながら出勤

はてどうしよう

新人さんもお昼の人に差し入れしたり、ちょっとした笑い声も聞こえるくらい
馴染んで来てた。

これは続く・・・・

マネの姿が見えた。
駆け寄って、残留するつもりだったが、もう退職させていただくこと
もうやっていけないだろうと、家族の反対もある
など手短に言うと

なら明日で辞めて
書類などは事務員が用意するから

と出て行った。

明後日までじゃないの、約束は
完全に辞めると聞いたとたん、明日までって

まあ、よかった
水曜日までは嫌だなあと思っていたのだから

というわけで、引継ぎにも熱が入る

しかし古だぬきさえ、相変わらず嫌みを言いながらもうっすら涙ぐんで見えたのに
マネのあの豹変ぶり

今までお疲れ様とか一言無いのか?
こうやって冷血に人を使うから、いつかないんだ。
鉄人クラスじゃないと

辞めることで正解

新人さんが、お二人(古だぬきと私)の会話っていつもああなんですか
はたで聞いてると怖いです

え?何が?
いつも通りだけど

聞くところによると、笑いながら皮肉の応酬と言った感じらしい

あら、気づかなかったわ

そんな古だぬきでも、明日はすれ違いになるのね
じゃ、ここでさようならね
と言われた。

事務員がやって来る
退職届など、とたんにドタバタしてきた。

週末鉄人と仕事をした新人さんは、また上昇していたので
やりやすい。

仕事の最後にまた事務所や厨房を閉めてくるときに、
ああそうだ、ここが6月の提出物を入れるところね
と説明をするため壁を見たら、新しい表が貼ってあった。

もうそこには私の名前が無かった。

ちょっと、仕事が早いじゃないの
早すぎるじゃないの
ずいぶんと優秀じゃないの

と言いながら二人で仕事場まで帰ったけど
いい気はしないものだね


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する