FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

同級生だけど同じクラスにはなったことが無くて

でも、こちらで出会って、お子さんが上手く行ってなくて
それからメル友をしている同級生女子がいるのだけど

前にも書いたが、通学が難しくなったお子さんの大学について行って
苦節4年、
きちんと卒業させることが出来た人がいるのだけど
お子さんは一人だけだし介護もなしで、実家にはまだ頼りになる親もいて
羨ましい限りだと思ってた。

こちらは下宿させた息子がまずい状態になった時
介護帰省があって、子供に力を注げなかった、もう二年ずれてくれていたら
息子に付き添うことも出来て、卒業できたかもと

まあそううまく行ったかどうかは分からないが
ひとまず放置せざるを得なかった状態ではなかったのは確か


で、彼女から、お子さんが卒論に取り掛かってる、と言うメールののち
実家に居ます、との返事が頻繁で
え?こっちにいないの?と気を使ってメールしないでいた頃
あちらもこちらが仕事を始めたの?ってことで遠慮している間に
あっという間に半年経った。


その間、こちらは仕事をやめ、専業主婦に返り咲き
さあ、彼女はどうしているだろうと気になり始めていた時
メールがあった。

お子さんが大学院に行ってること
相変わらずであること
社会人になれないから、とりあえず院に逃げている

そういった。

我が家も変わらず、膠着状態であることを告げたが
院かあ
大学卒業かあ
いいなぁ
つきっきりで面倒を見れたのはいいなぁ
ってやっぱり羨ましかった。

相変わらずお互いに子供の状態は年を取っただけで
表向きは改善はされてないのだけど、あちらは学歴を付けたのであって
このままいくと、もしかするともっと上に行くかも知れないしね
なのにこちらは中退の子供部屋おじさん


しかし思い出すたびつらくなる。
教室の前で待ってて外食で一緒に食べて、暑い寒いとメールしてきたり
こちらも愚痴を言いながらも励ましたり
そうやってあっという間に4年以上が過ぎたのか

何にも変わりはしなかったわ


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する