FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

割と人は見ているものなんだ

夫が出張から帰宅したが
なんとなく機嫌は悪くない。

どうしたのかと思えば
自分の努力?が報われた?からなのだろう。

以前も書いたが、今の会社には、前の会社の後輩のつてで
入った。まあ、彼は恩人になるのかな
以前からたまに飲みに行ってたからこそ、互いに早期退職した後もご縁があって
そういう話が出たわけだ。
彼が先に再就職先を見つけてきてたから

でも、夫はおとなしいから、その人からバカにされているというか
酔って、こいつはね、どうこう・・・と人に説明した時に耐えられなかったようだ。
こいつーだと??バカにしやがって、ってことだろう

その恩人が、最近、部署替えになり、一緒に仕事をしなくなるので、
一応最後の飲みに行ってから、出張に突入したら
初日は一人だったのに、二日目に現地に合流してくれた同じ部署の人がいて
夜、飲んだらしいのだ。
その人もかつて大手に居て、どういういきさつでこの会社に飛び込んだのかは
定かではないのだが、とにかく頭の切れる人らしいのだが

話によると、よく耐えましたねと



いつもあちら(恩人だけど、こいつと言う人)から、夫に仕事を多めに振り分けてきたり
ややこしいものを丸投げしてきたりで、はたで見ていてひどいと思っていたそうで
あと一人いる同僚(上司?)が、副社長に直談判して、だれそれさんは、誰誰さんに対して
こんなことをしていますと言ったそうなのだ。

それが原因かどうかはわからないのだが、前の会社の元同僚である恩人は、
違う部署に行くことになった。

きっと、そういう力が働いたのかな

再就職して、たった一年とちょっと
大変なこともあったのだな、と、一年働くことの重さを感じた。
とりあえず、見てる人はいるんだなとほっとした。
いや、それより、周囲が気づくほどの見下しだったのかと思うと
恐ろしい。

とにかく一年経った。がんばったのだ。
それにひきかえ
息子の無職ブリが目に余るなぁ

チラシに障碍者枠での仕事が載っていたから見ると
一日4、5時間とある
まあそれくらいしか働けないよね
とここは自分で頷く。

でも考えると、もしそれで一か月 20日間くらい働けたとしても
10万円くらい?

家賃と光熱費、はギリで払えるのかね
一人で暮らして

携帯代は?食べ物は?無理そう
あーあ

出来すぎ君などアメリカだよ?結婚だよ?
年収いくらだよ、20代で700万?800万だったっけ

ため息しかない。

今、娘の事 つまりお尻に火が点いているのに、どうしようもないことに
絶望して、鬱っぽくなってるから
本当にため息しかないのだ。

良いことと悪いことを同じ個所に書くものじゃないね
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご主人様のこと、良かったですね。
見ていてくれる人は見ていてくれる。
そういうお話を知ると世の中まだまだ捨てたものではないと感じました。

自分がもがいてどうにかなることなら、落ち込みますが最後はどうとでもなれ!どうにかなるさ、みたいな割り切りも出来るけれど、自分以外のことの悩みは悶々として浮上できないです。

お嬢様はご自身の結婚についてどうお考えなのかわかりませんが、もし結婚願望が無いのなら周りがそう望むのはプレッシャーで苦しいのではないかと感じました。
それで母親が悩んでいるのは家族だから伝わってくると思うのでお嬢様はお嬢様で苦しいのかもしれないなと。

部外者がこちらで掛かれた一部分で憶測を書くのは失礼になるかもしれませんが、どんぶりさんの苦しみや悩みを拝見していてそういう見方もあるということです。
私は「普通に世間並に」これが一番超えるまでは苦しかったです。

子供が成人しても生きていくうえでの心配は無くならず、私自身は親がそれほど私に対して関心が無いので(世間的に周りと同じようにならない事への批判はされますが)自分自身に照らし合わせて悲しくなりますが、自分以外の人間を思う通りにしてほしいと思わなくなったので無関心だった母にはある意味感謝しています。

夫婦・親子・兄弟、仕事で接する世間の人間関係にも悩み苦しみながら生きるのにも疲れていますが、自分で終わらせることも出来ずに悶々と生きています。

どんぶりさんもあまり思い詰めないようにご自愛ください。

うーすけ | URL | 2019-09-23(Mon)10:14 [編集]


ありがとうございます

ほんと、見てる人は見てるんですね。
とりあえずは、夫も精神的に少し楽になって
仕事にまい進できることになるのかと思います。
老体に鞭打って(笑)

そして子供の事
達観などいつまでたっても出来ないものですね。

娘も、おっしゃる通り苦しんでるのでしょうかね

本人は親の苦悩を知らぬかのようにふるまい
のほほんとしてるように見えますが
本題から逃げているのか、本当にのほほんとしているのか
未だに掴めません。

問題は、本人の意志を確認すらしていないこと、です。

意志がわからないことが、ますます得体の知れない不安を増大させることになるのでしょうね。

本人の意志確認という、親の重要な役目から逃げて、周辺でオロオロしている限り、不安はいつまでもくずぶり続けるでしょうね

しかし、娘に息子
その両方ともが世間並みに行かないところ
思い詰めたくなくても、毎日悶々とするなど
人生とはままならぬものでございますね。

そして、こちらは、なるようにしかならない、と
腹をくくることが出来ないでいるままです。

まだまだ愚痴をこぼさせていただきますよ(宣言)

自分でもいったい何を言ってるのか途中でわからなくなりました。
日本語は難しいです。
はははは

どんぶり | URL | 2019-09-24(Tue)00:26 [編集]