FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

地元のきょうだいは手術はしないで済みそうだと

義兄からメールが、お肉のきょうだいにあったようだ。

転送されてきた。

決別に近い手紙を送った来た人には連絡が行くのだから
面白い。

とにかく腸管の閉塞したところにイレウス管を挿入し
内容物をなんたらかんたら

その治療の効果が表れて、手術はせずに済みそうだと

本人が精神的に弱っていてその方が心配とかなんとか

原文ままが送信されてきた。

お見舞い行かなくていいよね、とお肉のきょうだいには
連絡したが、良いんじゃないということで終わってた。

何か動きがあれば連絡があるって、と

情の無い人たちだと思われようと
前回のがんの手術や、その後二回にわたる入院には、お見舞いやら
お見舞金やらをちゃんとしたのだから、もう新幹線で往復することも
しばらくいいだろうに

とりあえずはほっとしたけれど
内心は、干されてみてよ、
強欲な人間の行き先は、寂しいものだよ、と
体感して欲しいけど、自分が強欲だと気づかないのが、
強欲な人だからね

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する