FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

相変わらずでまた年末

夜、散歩に出ると言ってはたばこを吸いに行ってる息子だが
ますます頻繁になって来ている。

やっぱりやめる気なしね

コーラのミニ缶を持って行くのも気に障る

なんとか通所しているし、今週は午後からクリスマスパーティーがあるんだ、と言い
半日だけど、一日通所日だから、と前もって言うくらい、スケジュールは教えてくれる。


だけど、この前 夫が近所の焼き鳥やに久々に誘って
数時間喋った時も、通所が苦痛でストレスでたまらないと息子が言っていたらしく
やはり、やっと行っていることが、分かってはいたけど判明した。

相変わらずExcelWordがどうのこうのはすっかりどこかに行ってしまって
ハリーポッターばかりを見ている。
もう何度目だ
夫がため息をつく。 子供だよ、子供のまま


やっとまともになれたかと思えば
やはり何にも変わっちゃいないとがっくりすることばかり

何かを話していた時、
皆よく働くよな、俺なんて、生きてるのがやっとだから

そんなこというもんじゃないよ

と言ったか言わなかったか
子供にそんな言葉を放たれるのが一番つらいと
分かってるのか息子
この期に及んでまだいうか
また振り出しかよ


衣食住満たされ
誰かが稼いで、誰かの家に住み
誰かに洗濯してもらい、誰かに丁寧に(かどうかは
分からないが)食事を作ってもらって
冷蔵庫にはいつも沸かしたお茶も冷えている、アクエリも
コーラも、牛乳もコーヒーもある
煩雑な作業もしないで済んでいるし、
何かの支払いに行くとかもない。

皆に必死で生かされているのに
生きているのがやっとだとか

じゃ、本当にたった一人になったら
たぶん、野垂れ死にするってのは本当なんだな

たぶんそうなるのだろうね

30になっても仕事に就かなければ
もうこの世での何かが無理、だと思わねば

8年とか10年とか12年とかの遅れはもう取り戻せないけれど
もうそれはあきらめねばならないけれど
死ぬまで人は、何かしらの役目をこなしているものだ。

いつわかるのだろうと思ったけれど
分からないから病気なんだろうね
ビョーキ

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する