FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

診断書を貰って来たようだ

息子の心療内科に行く日だった。

結局、申請書類のほとんどを夫が書いた。

何で俺がしなきゃならないんだろう、とブツブツ言いながらも書いたのは
息子ができないからだ。

少し書類を見ただけで、格闘でもしたのかと思うくらい消耗していたからだ

は~俺もう無理 疲れた

とさじを投げた時

あのね、普通、仕事って一日にその何十倍もするんだよ

と言ってはみたが、どうせこの子には分からないと
あきらめの境地だ。

今日は夫がいないから
どれだけかかるだろう、お金と息子が聞いて来たが
まあ2万あれば足りるんじゃないかな
と渡して行かせた。


帰宅すると、薬と診断書で2万弱だった。

うわ、ぎりぎりだったのか

というか、こんなにお金をかけても、申請が通るとは限らない
だからムダ金になる可能性は高い。
近いうちに役所に行かせるつもりだが、果たして

あんまり期待しないでおいたほうがいいよ。
そうそう税金で生きさせてはもらえないものだよ
わかってる?

と言いながら、息子は支援団体に同じように通っている人から
貰ってると聞いたものだから、多少は期待をしているのだろうから
期待にそう結果になって欲しいなとも思っている。


もしもらえたとしても継続することは厳しく
反対に、もし継続し続けられたとしたら、きつい薬でやられて廃〇だとか
そんな内容をどこかで見た覚えがあるが
過激な発言のところなので、どこまで本当かわからないが
どっちに転んでも息子にとって、いいことではない。

でも仕方ない。

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する