FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

歯医者で糸切り歯を磨かれた

遠くの病院に こわごわ行っている。
治療している歯の口よりの隣が糸切り歯で、痛みがあったので訴えると、
この前、小さな虫歯は治療しています
神経が炎症を起こしているんだと思います、神経を取ります
って、麻酔を打たれて神経の治療に入ったわけ

要は、歯は死ぬってことだ。
神経を取られたら、もうそれは死だ。

でも仕方ない なんでだか炎症を起こしているのだから取るしかないわ
と口を開け続けた。

次回は3月末

非常事態宣言が出たら、開いていますか?と聞くのは忘れたけど
とりあえず痛みは治まりそうでほっとした。

ところが帰宅して鏡を見ると
あれ、糸切り歯の尖りがなくなってる。 削られていた。
平らになっていた。
たったそれだけで、人相が変わってしまった、と私は思うのだけど
分かってもらえる人はいるのだろうか

ニッと出た糸切り歯は下の歯であろうと、尖りが個性を発揮している

あああ、いつのまに

人間が小さいって?

乳首を削られたと訴えた、奈美悦子の気持ちが分かるんだよね



こうやって老女になっていくと、美醜より
治療の方が優先されることになっていくんだ。
がっくり

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして

歯科衛生士で若い頃11年勤めていた者です

実際歯を見ていないので断言できないですが、神経とるだけなら、今ある歯の形をわざわざ削り落とさなくても裏側から小さく穴を開けて治療できます

で、以前治療(多分虫歯で削って詰めたのでしょうね)したとしても強度的に大丈夫なら(これは見極めが難しいのですが)最終的にその小さな穴を白いレジンで埋めて終わりって感じです

色んなお医者様がいて、様々なやり方があるので、その医師はそういった治療方針なのだなと思いました

だけどいきなり削り落とすってちょっと配慮が足りないかなとは思います
まあその方が治療がしやすいというのもありますが

余計なお世話なコメントで失礼しました

のっこ | URL | 2020-03-19(Thu)08:58 [編集]


初めまして

プロの方にお出ましいただいて恐縮します。

たぶん
たぶんですけど、長年の間にかみ合わせが悪くなって
あごが左にずれて来てたのでしょう。
例の犬歯が少し出っ張ってるのは知ってました。
でも、それが個性だったのですけど(自分で言う)
上の歯へのあたりが強いと先生は感じたのかどうだか
知りませんが、強く当たるのが続くのを今後避けるために
先生の判断で削った、のでしょうか

さあ

ただ、言って下さればよかったのにとは思います。
若ければ、抗議したかも(もう戻らないけど)

まあ、ババアなんで、良いです(笑)
かむ力に難が、ますます出て来るだけで

どんぶり | URL | 2020-03-20(Fri)03:26 [編集]