FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

法事も消えた

亡父の七回忌が5月の連休にあるはずだったが
だめになった。


お肉のきょうだいも、私も、移動はNOだ

地元のきょうだいはそれに難色を示すだろうと思っていたが
また腸閉塞で入院していたそうで、電話をしたのは退院した直後だったとかで
もうこっちで豪華な花を添えるくらいにしておく、住職も呼ばない
延期でなく中止 じい(故人)も納得してくれるだろう、と
で、こっちは皆ピリピリしているし

というので、
は?そっち(田舎)はのんびりしているでしょう
感染者も少ないし


のんびりなんかしてない
入院中、人が病室に入れなかった。
届け物はナースステーションに


そうなのかー

と見ると、数人からいつの間にか二けたになっていた。
いや、ほとんどの県が二けたになってた いつのまに)


こうやって、目に見えないものへの恐怖を感じながら暮らす日々を
誰もが送ってるのかと思うと
本当にこれは現実のことだろうか
一日でも早く収束して欲しいと願うばかり

また、入院を繰りかえすきょうだいへの心配も出て来た。
きょうだい関係は悪いが、そこまで繰り返すと、憐れにも見えて来た。
上から目線で言ってる間に、自分はころっと…
いやいや言霊に注意 そんなことにならないように頑張ろう。

なかなか平穏な日々というものはないのだな



関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する