FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

給付金は息子には少しだけ

夫が振り込まれたのを、人数分おろしてきた。


息子は学生時代に、社会人の姉に、親に内緒で振り込ませたお金が40万になってて
姉は絶対に返してもらうから、とのことで、アルバイト代から月に3000円とか
返済していた時代もあったが、仕事をしていないから、ストップしていた。

そこで私からの提案で、8万は姉に返して、2万だけ好きに使いなさい
国から頂いたお金を、大切に、でも自由に使える喜びをしばらく味わってなくて
可哀想だからたった二万だけど、渡すからと以前から言ってたのに
いざお金が入ったら、夫の反対にあった。

あいつは自由に使ってるじゃないか
たばこも吸ってるし、昨日は悪友と飲みに行くと言って4千円持って行った。

知ってる
だけど、自分で服を買ったりしたことがあるだろうか
この数年
だから閉塞感があると思う
そして、どうせうまく使えるわけないのは知ってても渡すのは
浮かれた気持ちが一切ないのが可哀想だから
30前の男がたった二万で浮かれたらいい

結局私が押し切って、息子に二万円が渡った。

夫は私に20万くれたが、
これは家計に入れてはダメだ
自由にお互いに使おうよ
でも、自分のために使ってよ、
と釘を刺して置いた。
余剰金があるとすぐ親に渡してしまわれても困るからね
家計は夫が把握していて、小遣いも、現役時代は渡していたが
今は自分の都合で下ろしているし、自由だ。

俺、もし働いたら、じゃんじゃん飲みに行きたいな
とこの前息子は言ったのだが、
あのね、もし働けたとしても
人様の浮かれた入社数年のような暮らしは出来ないわ
遊びを覚えて、とか
空白の10年があるんだから
人間元気だとしても、働ける年数は限られている


不服そうだが、現実が分かるのはいつになるだろうか

これも働いたら、を前提として喋っているのもむなしいことだこと

ま、二万円で浮かれたらいい
久々手にした大金で
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する