FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

歯医者は近所で見つけたけれど

神経を取った後の消毒中なんだけど
先週、確か、今度で消毒を終えましょう、
ハイ、となったと記憶していたし、そのつもりでいたのだが
昨日、とがったもので刺されたら、ウッとしかめ面
痛いですか?
うはい
そんなはずは
チクっ
顔が歪む

不穏な空気

その後何度か刺しても 今度は大丈夫で
さっきはひでー顔してたのに、おかしいなぁという顔の先生
結局、来週は麻酔を打ってまた治療しますから、と言われた。
何か残っているのかなぁ

ビルの中の歯医者で、いかにも最先端という感じなんだけど
音が分散して落ち着かないし、私語が多い。
その先生ったら、衛生士と小声で話し込んで、うふふ、ふははと
笑ったりして、手が何度も止まったのよ、先週は
こっちはおとなしく寝てたし、何を言われても、ふぁい、と返事してたけど
心の中では、早くしろ、集中しろ、ここでいちゃいちゃするな、と叫んでた。

歯医者難民なので、色々我慢しなきゃならないんだけど
何か信用ならない雰囲気で苦手
近くていいんだけど

遠くの大学病院はもう何か月も治療はしてなくて、止まったままだったものが
久々に先生から電話があって、治療を再開できることになった、一度8月にきてもらえますかってんで
予約をとった。
その後何かお変わりありましたかと聞かれたので、お変わりありました、ふふふ
みたいな、久々で誠実で清潔な雰囲気のあの病院の空気にまた触れた気がして
やっとか、とほっとしたのだけど、また世の中が慌ただしくなってきたので、治療予定は
変わって来るかも知れない。

しかし、外に出ていないと、気が緩んでしまってて、
昨日などは、ファストフードで支払い(いただいたカード)をして、お釣りをもらって
その手で知らない間にポテトを手でつまんで食べていた。
あとで気づいてうあっとなったし、席の後ろは高校生の集団が大声で話してて
席も割と左右が密で、これは気のゆるみがはなはだしいと感じて
人間、緊張感を保ち続けるのは大変だなと

一月二月のあたりの方が、ものすごく気をつけていたと思うし
それくらいじゃなきゃならない日常だよ

近所の奥さんと話してて、食べ終わった彼女はマスクをしていたのに
自分は食べ終わったあとも、マスクをすぐしなかったことにも気づかなかった。

それほど会話に夢中だったのだろうか
楽しかったのはよかった。
彼女はうちの子たちがどこの高校や大学に行ったかは聞こうともしないし
もちろん知りもしないだろう。
知って欲しいところもあるが、頑としてそういう話題は避ける人
殆どが政治の話(特にあの国のこと)やら、相続の話やら、近所の話やらで終わったのだった。

歯医者の話をしていましたっけ




関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する