FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

決まるかも??


息子は二日目は、機嫌よく帰って来た。

どんな感じだったか聞くと

作業

作業?

例えば封入とか

はあ
あとは?

会場を作るのに椅子を運んだり


それって誰でもできる仕事じゃない

障碍者枠だから俺
だから、簡単なもの
俺が困ったのは、遠かったくらい

そうか
事務って言ってたけど、内職みたいなものか
そりゃアルバイトでいいわ

と言いつつ、息子にはこれくらいしか任せられないし、
出来ないと思った。

3日目は面接で、支援団体の人もそばにいたそうで
そこまでサポートしてくれるのかと頭が下がる思いだった。

帰り道に、勘ですけど、受かってると思います
と言われたと帰宅した。

嬉しいけど、落ちてたらどーすんの
滅多なこと言うもんじゃないよ、ね?

他の人たちは障碍者枠って感じが強いけど
俺はフツーに見えるそうだ。
違うんだけどね
そして、支援団体の人が言うに
もし受かったら、物足りないんじゃないでしょうかねって

仕事内容が?

うん

そうだ、営業するわけでもないし
会議をするわけでもない、か
人と接して毎日が新鮮ってこともないか



可哀想だが、障碍者枠として応募する限り
そんなものだろう。
決して責任を負うことも無い仕事、無難な仕事
そして、いつでも切れるアルバイト


受かってもねぇ
だけど、いつまでも家にいるわけにも行かない年になったし
どーしたらいいんだろうねえ
贅沢は言ってられないね、もう


俺、遠いのが無理

まだそんなこと言ってるのか
ため息

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する