FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

1000万も貯金ないです、

本来ならこの年ではたんまりあるのでしょうか。
バブリーな時にぼろいマンションを買いました。 当時、狭いのにバカ高い賃貸に嫌気がさしててね。
都会は世知辛いな~と田舎育ちは思ってましたよ。学生時代は平気だったのね、狭くても銭湯でも皆そうだったから
差が出るのは結婚してから。 地元かそうでないかでは雲泥の差
時代も悪かったのでしょうか、今は1/3以下に下落してるものを、高金利で返し続けたのです。
30代は月割り20万だったかな? ほとんどが利子ばかり 

タッチの差で、建った時の値段で早めの購入していた人たち、それも自分とあまり年の差の無い人たちのローンを聞く機会があって、驚きの10分の1以下  ぜーぜー言ってるうちを尻目に、お金をどんどん溜めて、その頃の人たちはワンランクも2ランクもアップした場所に引越して行きました。
 
だから貯金が出来なかった。 当時は10年たてば二倍になったとかですよね?
あの時貯金が出来てて、増やせていたら今頃・・・・・・と妄想が
今なら立派な、でもないか、適度な一戸建てが買えた値段です。
子供手当も、高校無償化も、全くかすりもせずに過ぎた時代です。
景気も良かったが、そういう狂った時代でもありましたか。あの頃バブル崩壊すると誰が想像したでしょう
おまけに不出来の子供も居るので、真剣に今後のことを考えねばならなくなりました。
遅きに失したか・・・・・・

救いはやっとローンが終わり、ぼろでも狭くても雨露しのげるコンクリートの一室があること
それだけ
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する