FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

受験シーズンたけなわ

大学受験のシーズンですね。
高校だって、親は風邪を引かせないようにと頑張る時期
塾のチラシが多く入る時でもあります。〇〇高校に何十名合格!とか〇〇大学に何人とか
当時は親も緊張してたが、今となっては、あの時代はいったい何だったんだろうと思う。
子供がこうなってしまったから、だろうね。
せめて良企業に入るには(どうせ学者になれるほど頭が良くないのは、自分や夫を見てたら分かるし)
これくらいのランクに合格すれば、と成績に一応(教育ママでは無かったと言いたいみたい・・・)一喜一憂はしてたし、中学から塾に行かせて親の務めは果たしたつもり

でも、子が合格したとしても、その後が保障されるわけではない、ゴールじゃないのだということを身を持って知ったことで、チラシを眺める目がすっかり冷めきってるのに気付く。

あ、受験生もいないからか

いや、今も踊ったまんまで居られる恵まれた人たちは、また違った目でチラシを眺めているだろうか
輝かしい未来を作ってくれた過去に思いを馳せて

渦中に居る時は気づかないが、出てみると分かることってありますよね。受験に限らず
こうやって人間は経験を積んで行くのでしょう。良いことも悪いことも

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する