FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

こんな状態でも

こんな悲惨な状態なのに
子供のこと一辺倒になれないでいる。
これは母性が足りないのか
真剣に考えてやらないで何やってんだーーーーとおしかりを受けそうな親だ
いや、親業を放棄している瞬間がある

今日は卒業アルバムを見た。
例の人 あらーーーかっこいい 精悍だ。
まっすぐカメラを見据えてる。ライオンみたいなヘア
そのかっこよさを気づかなかったよ当時は
もう一度10代に戻って当時の彼に会ってみたい。

詰襟の集団がまた今見ると、みんな、シャープで若さが溢れてて、青春時代は二度と来ない、ほんの一瞬の出来事だと思い知る。
女子も肌も髪もつやつやだ。

とても不思議なのは
40年ほどの時を経て、抱き合ってしまった男女のご縁

当時の二人に教えたい。  40年ほど後に、泥酔して抱きしめ合うから

げぇ?と言うに決まってる

と、尾道三部作みたいな映画のシーンを想像してしまった。


実践も無いのに、まだまだこのネタだけで楽しめるのが悲しい。

いや死ぬまで楽しめそうだな

ネタ提供ありがとうと言いたい

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-10-17(Sat)15:51 [編集]


50代半ば様


そ、そ、それは甘酸っぱいレベルではないですね。キツイ…

結婚って始まりではあるけど、ある意味終わり  男女とも。
生活が待っている。
しかしそこは営巣本能で、せっせと巣作り 
それが終わると・・・・・何が残りますかね。
何か大事なものも育てておかないと、お互いにしんどくなるのかな~

しかし50代半ば様は、ある時期、独占出来たわけですよね?
結果はそうであっても、みる人からみれば物凄く羨ましいことです。
青春を共にした。奥さんも無理だったこと

でも・・・・・・やっぱり・・・ですよね
うちの同級生たち、その後、孫の写真を見せあったりしている元カップルもいて
色々と乗り越えたのだなーと・・・・・。
でもそれは恵まれた人たち

同窓会に思い切り綺麗にして出てみるのもいいかも
ぎゃふんと言わせるのだ


どんぶり | URL | 2015-10-17(Sat)17:55 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-10-18(Sun)21:26 [編集]


50代半ば様

うーん、独占できた挙句の痛手は相当だったしょうね。一生引きずるものではあるでしょう。
と言いつつ、自分はそこまでの経験がないので、想像だけでごめんなさい。
たまたま好ましいくらいの人が近づいてきた「始まり」で、長く付き合って結婚した私
交際中も、喧嘩ばかりだったのは相性が悪いってことだと思いつつ、年頃でも、もう新しい出会いが無ければ
なし崩し的に一緒になってしまうものだと思うのですが。
この世で、惚れて晴れてアツアツで一緒になれる人が、どれほどいるのでしょうかね?

だから強いて言うなら、長年の愛着ですね、私は。
しかしこのまま静かな生活だったはずが、ある役をしたために外に出ることが多くなり、その挙句
22年ぶりにまともに会って、楽しくバイバイまた飲もうワハハで終わってたら、罪が無かったものを
昔からストイックなタイプの人が予想外の行動に出たため、無防備だったおばさんはオロオロしているわけですから

次のきっかけ?あきらめない?
心中ではどこかにあるでしょうね。でも今後は神のみぞ知る、ですよ。
いや、もう互いに遅すぎる季節ですね。自分を煽り立てて突撃することもないし、いつか静かに消せると思います。何もないのだから。
文章というのは自由に遊べます。ああだこうだと書くことによって、落ち着く気もするし、逆に文字に起こすことで、
心を浮かび上がらせる気もするし、良いことも悪いこともあるような…
いったいどうしたいの?という文章のままだけど、まだまだポエムしていたいので、また書きます(笑)


どんぶり | URL | 2015-10-19(Mon)02:08 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-10-19(Mon)21:53 [編集]


50代半ば様


痛手はふられたほうだけでなく、振った方も一生持ち続けることでしょうよ。程度の差はあれ
ほれ、痛みを感じてますよ、あちらも(笑)
縁あって交際して、結婚まで「こぎつける」人はどれくらいいるのでしょうかね。
あちらは今どうされてるかご存じなんでしょうか
こちらが幸せになるのが一番の復讐とか言いますが…
あの時をベスト、と感じてる限り、今はベターのままですよ。
人生とはままならないものですね。

うちはいったん潰れかけた時に、一生お互いに知らない人生を歩むのかと思った時に
泣けたから
それが愛着だったのか愛だったのか、その時の気持ちはそれだったので続行したのかも
そういう意味では大きな痛手を負ったことがないので(負うことが怖かったので)
甘い人生と言えるかも

しかし50代半ば様からその題名が出るとか思いませんでした。
隠れたる名作ですよね。ラフマニノフの音楽に、ポケットのコイン 「帰って来て」、と言いに来る謎の老女
しかし二度と過去には
・・・・悲惨すぎて再度は見れません。
そうですか、そういう気持ちなのですか。ちょっと理解できるかも

同じ愛を失うなら映画なら、追憶(古いーー)くらいでお茶を濁して置きます(笑)
個人的に「追憶」の前髪かきあげシーンが好きです。

どんぶり | URL | 2015-10-20(Tue)01:00 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-10-20(Tue)22:12 [編集]


ほぼ同世代ですね。


そうそうマニアック(笑) そんな映画を語りだしたら止まりませんよ。
なのにここ30年のメジャーな物はほとんど知らない(笑)時が止まってますよ。
以前、夫に、追憶の彼女と私は似てると言われました。性格のほうが。何となく自分がはまったのも分かるような
あのレッドフォードの超絶美男ぶりは永久保存ものですよね、しかし

「マディソン郡の橋」でしたっけ かなり経ってから観ましたが、女性のセリフが書き留めたくなるほどリアル
ごらんになりましたか

さて、コインを出したことによって、まさに幸せの絶頂から絶望のどん底に落とされるという、ある日・・・と同じ心境だったわけですよね?一番残酷ですね

でもそろそろご自分でもおっしゃるように、次の段階に行かれたらいいですよね
私はしないのですが、F.B.だと簡単に同級生が見つかるし、何かの手掛かりになるそうです。
悲劇のヒロインの時期が長すぎましたか、ね

どんぶり | URL | 2015-10-21(Wed)02:39 [編集]