FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

忘年会

紅一点で参加
計6人
今回はあまり楽しくなかったな。 人数によるのか、メンバーによるのか
親しくなって、いくら男女差があるとはいえ、結局は人間力かと

さて繁華街で予約してあった個室にGo
入り口近くに私が陣取ってたので、次つぎに来る料理を渡したり、日本酒が来たらお酌したり
女としての働きも少々せねばならず、自分には荷が重かった。
ぼんやり食べて飲みたいんだよ。 だから忙しくて何を食べたかあまり覚えてない。

あの時の地下街メンバー2人のうち一人が増えただけで、6月の歓迎会のメンバーとほぼ同じ
その一人に聞いてみた。
え?覚えてない?ほうがいいけど、と翌日メールがあった人 
やはり二軒目に焼き肉屋に行ったのは確かだそう
全部消えてると言ったら、でもしっかり歩いていたし話していたらしい。
だからなぜ頭から消えたか不思議でたまらない。

6月の単身赴任歓迎会の時の中高同級の男子には、実は中2の初めに告白されて、手ひどく振ったことがあるわだかまりのある関係
40年以上経って、今だからごめんなさい話をしていたら、
自分から告白したのは人生であれっきり 〇〇ちゃんはとにかく笑顔が可愛かったんだ。

うふん、そおお~?

と離れた席同士で、間に人がいるのにデレデレしながら話してたら、興味の無い人たちが少々シラケ気味  と言うか、人の好みは分かんねーという雰囲気
人数が増えるごとに話が分散してしまう、
飲むなら4人くらいが一番良いような気がする。

結局、幹事の人に写真を撮りたいと言ってたものも、本人が酔っぱらったのでおじゃん
精一杯綺麗にした映像が残らないのは癪に障るわ

(月)だからと先に帰る者あり
二次会参加したものの、幹事(地下街メンバー)が酔ってクダを巻きはじめ
先日の旅行中 正月の同窓会主催の奥さんが、地下街のことを知ってた。あんたは喋りすぎだと

あっちからその話になったの?
いや、俺らから話をしたらそうなった。


なんだよ、あんたたちが彼女に話をしたんじゃないの。なのに私が喋りすぎとは
というか、主催者の奥さんは、彼らから話し始めたら、実はこうこうで,私からメールがあったと、渡りに船で喋ったってことだ。

本当に大事なことは、胸に秘めておくべき


かくして三々五々消えて、忘年会は終わった。

なのに、また新年会しようと同じタクシーに乗った人は言った。

酒好きは懲りない

関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する