FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

引越の余波は

荷物に囲まれていたため不自由な暮らしだったが、
とうとう待ちに待った大型ごみの日が来て、捨てることが出来た。
息子が自分で買ったパソコン台、大型カウチソファ、こっちに帰って来て足が折れたこたつ
カビだらけの布団二組、3年しか使ってないガス台、座椅子
処分は当然、全部有料です。

冷蔵庫や食器棚はまだ家に(娘の部屋を借りて)置いてあるが、上記の物を捨てられただけで、家の空気が巡りだした。
普通に卒業でもしてれば、就職先にまで持って行けたかも知れないものの数々
この先の用途もなく、思い出と共におさらば
はーーーーむなしい。夫も受験シーズンを見て、あのころを思い出し、心から
むなしいとつぶやいていた。
時間もお金もたくさん費やして、残ったのは年をとった親と、とうが立った息子だもの

さあさ、先は見えないけど、人生リセット!

と、振り返れば、部屋に籠ってる人がいる


関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する