FC2ブログ

どんぶり勘定のアラカン主婦の日々

気ままに綴ります、おばさんライフ

一睡もしてないようだ

昼夜逆転が甚だしいので、注意した。
なら寝ない、と明け方トイレに起きてみると、部屋に明かりがついていた。
朝9時 ごろんとよこになってうめいている。
生きるのが辛いと
身体が硬いよ、と必死でマッサージしてやった。それしかやってやることが出来ないから
この前耳鼻科をさぼったから、今日は朝から行きなさい、クスリも出る日だから

まだうめいている。涙をこぼしている。
よくよく聞くと、以前のバイト先で自分の送別会兼新年会が祝日にあったのだそうだ。
でも泊りがけで出かけて日を置かず出かけると言うと、絶対に阻止されるし文句を言われるから黙ってたと

そういう事情ならば分かってもらえてと思うよ、パパにも 言えば良かったのに
いや、絶対に無理

でもここに引き払った意味を考えて。親が家賃を払って、バイトだけして、コンビニご飯の昼夜逆転暮らし
そういう暮らしを続けるわけにはいかないよ。

でも気晴らしにはなった・・・・
と言う
気心の知れた仲間とそれも彼女がいる環境での仕事は楽しかっただろう、確かに
でも・・・・

猫を飼いたい。癒しになるから・・・・
実家の猫とは親しんでいたので、猫派なのだ、息子は。

私だって3か月に一回は猫、猫ーーーーと叫んでる。でもこの家じゃ無理

今すぐ買ってこよう、今すぐ
と言う。
ごめん、一戸建てじゃないと本当に無理だから。ここだと高層階から猫がジャンプする
それにペット禁止だし

肩をマッサージしながらの会話は終了 映画でも見ようかと言う息子のために、数千円手渡してしまった。
お昼も外で食べるとのこと

やっと敷きっぱなしの布団を干せたし部屋も掃除機をかけることができたが、心が重い。
いったいどうしたらいいのか
閉じ込めてるつもりはないが、実質監禁状態であることは確かだ。
でも、生活能力のない息子を、バイト代で堅実に暮らしていく覇気も無い子を、遠くに置いておくことは出来ないのだから
かといって親元から出たくて、なんとしても仕事を見つけて出て行ってやるという気概も今のところない。
弱った子に厳しい言葉を投げつけることも出来ず、十分気を使って暮らしているが、今日のように一睡もせず
涙さえこぼして出て行った子が無事家に帰って来るまで、気もそぞろだ。
そして娘も弱っている。休み中に25時間も寝てしまったそうだ。きちんと暮らす子が、家が今は荒れているそうな
ご飯を食べに来る回数が増えて来た、今日も帰って来るとの連絡
かくして、今日も重い腰を上げ、気持ちを奮い立たせてご飯を作らねば
自分が倒れていられない。


結局二時前には帰ってきた。ラーメンを食べて来た。寝る、と
不機嫌だが、ほっとした。
関連記事
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-02-16(Mon)15:05 [編集]


Re: タイトルなし

ローズの香り様
有難うございます
こちらはたった一人の息子に悪戦苦闘です。
「自信をつける言葉かけ」がせめて出来るまでの状態に持ち込込めたら、と思います。

シュフのかがみ | URL | 2015-02-16(Mon)17:30 [編集]